施工事例

志摩市K様邸外壁・屋根塗装工事

工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 コーキング工事
リフォーム期間 24日間
プラン・使用塗料 アステックEC5000PCM
お客様名 K様
市町村名 志摩市

arrow

作業

  • 写真

    雨戸吹き付け
金属製の雨戸は、鉄部の表面は塗装で保護されていますが、塗料自体の耐久力が落ちると、剥がれやチョーキングなどの症状が出てきます。そして防水性が低下し内部の鉄に雨水が当た率サビの原因になってしまいます。
    金属は塗装が剝がれやすいので5年程度で再塗装するほうが良いのです。
    美観を保つために基本的には5年置きに1〜2回の塗装を行い、それ以上の期間が経過したら雨戸自体を交換する…というのが美観を保つコツだと思います。

  • 写真

    養生
    塗装したい部分以外の所に塗料がつかないように、保護します。

  • 写真

    高圧洗浄
    旧塗膜の経年劣化によるチョーキングの洗浄。またはコケ・カビ・汚れ等を綺麗に洗浄していきます。

  • 写真

    コーキングは劣化したまま放っておくと、雨水が浸入し、建物自体の劣化が進みます。
    コーキングコーキング打ち替え
    には、外壁から水や汚れが浸入しないようにする役割と、地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように、衝撃を吸収してくれる役割があります。
    コーキングは紫外線にあたると劣化が早まりますから、10年を打ち替えの目安にします。

  • 写真

    塗装
    雨樋のほとんどに『塩ビ管』が使われております。
    『塩ビ管』は、硬くなったり亀裂が入ったり、日焼けで色が褪せたりします。
    『チョーキング現象』が起こる場合もあります。
    紫外線などで色褪せて白くなる事もあります。
    亀裂が入ったり破損している雨樋は、交換します。
    雨樋塗装の目的は美観が主ですが、塗膜で日焼け防止となり、交換迄の期間も長くなります。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。

私たちが担当しました!

お問い合わせ

来店予約