施工事例

松阪市S様邸

工事内容 外壁塗装工事
リフォーム期間 24日間
お客様名 S様
市町村名 松阪市

arrow

作業

  • 写真

    足場組、シート張り
    2個以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、また植木なども傷めないように組みます。また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでこないように、飛散防水シートも張ります。

  • 写真

    高圧洗浄
    旧塗膜の経年劣化によるチョーキングの洗浄。何年も、風雨にさらされていた外壁は非常に汚れています。 この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。しっかり洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに
    浮いたり、剥がれてしまいます。

  • 写真

    養生
    養生とは保護するという意味です。外壁塗装で使われる養生は、アルミサッシや窓、床など塗らない部分にビニールやテープ、マスカーなどで塗らない場所を保護することです。。

  • 写真

    木部デコール
    化粧ひさしやウッドデッキなどの木材でできた部分に使う防腐剤塗料です。

  • 写真

    樋塗装
    雨樋のほとんどに『塩ビ管』が使われております。
    『塩ビ管』は、硬くなったり亀裂が入ったり、日焼けで色が褪せたりします。
    『チョーキング現象』が起こる場合もあります。
    紫外線などで色褪せて白くなる事もあります。
    亀裂が入ったり破損している雨樋は、交換します。
    雨樋塗装の目的は美観が主ですが、塗膜で日焼け防止となり、交換迄の期間も長くなります。
    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。

  • 写真

    下塗り
    しっかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは1回塗りでOKです。

  • 写真

    中塗り
    シーラーが完全に乾ききったら、次に中塗り工程になります。中塗りも上塗りも同じ塗料を塗ります。中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。完全に中塗りが乾ききってから、最後の上塗り工程になります。

  • 写真

    上塗り
    上塗りが終わったら、細部のチェックをして足場を撤去します。

  • 写真

    吹付け塗装
    塗料を霧状、または粒状に飛ばして付着させる仕上げ塗装の方法の1つです。広範囲の塗装を短時間で効率的に行えるうえ、塗膜の品質を均一にでき、仕上がりが綺麗になります。また、仕上がりの特徴である、重厚感が長く保てるというメリットがあります。

  • 写真

    塗装しない箇所に付着した塗料は丁寧にふき取り掃除します。

私たちが担当しました!

お問い合わせ

来店予約