施工事例

志摩市M様邸防水工事

工事内容 防水工事
リフォーム期間 5日
お客様名 M様
市町村名 志摩市

arrow

  • 写真

    高圧洗浄
    屋根の塗装工事を行う際、高圧洗浄機で一度、屋根を綺麗にします。
    屋根に付いた苔などの汚れや古い塗料を剥がしていきます。

  • 写真

    防水層ハツリ
    防水層を砕き削っていきました。

  • 写真

    プライマー塗布
    下地処理剤や表面処理剤としての効果があります。下地と上塗り塗料にそれぞれ接触するため、それに応じて機能を持たせる必要があります。プライマーの役割として主に3つあり、
    ・接着剤と表面との密着性を高める
    ・表面を密にして接着剤が付きやすくする
    ・被着材同士のなじみをよくさせる
    になります。
    塗る塗料とも接触するため、さまざまな技術上の細工に活かすことができます。

  • 写真

    防水下地処理
    ヒビ割れなどコーキングをして雨漏りなどを防ぎます。

  • 写真

    上塗り1回目
    ヒビ割れや亀裂の補修後、シーラーという下地処理剤を塗ります。

  • 写真

    上塗り2回目
    シーラーが完全に乾き切ったら、次に上塗りと同じ塗料を塗ります。
    ポイントは完全に乾き切らすことです。半乾きの状態で上塗りをしても強度は半減してしまいます。

  • 写真

    防水層上塗り
    上塗りは、見た目とモチを左右する重要な作業です。仕上げ塗りを丁寧にすることで、紫外線や酸性雨の影響を最小限に抑えるとともに、汚れも付きにくくなり、長期にわたって美しい家を保てるようになります。

  • 写真

    防水トップ
    一番最後に塗る塗料です。
    防水層は外壁塗装に比べて、日中ずっと太陽光に当たっており、また防水層は紫外線にとても弱いので、トップコート塗装をして守ってあげる必要があります。

  • 写真

    トタン塗装
    トタン壁とは、建材資材でも、「亜鉛メッキ鋼板」の壁材の事を言います。
    耐熱性・防火性に優れているのが特徴です。
    トタンは金属製ですので、劣化すると錆が発生します。そのまま放置すると、腐食が進行し欠損してしまう恐れがあるので、定期的なメンテナンスが必要です

  • 写真

    トタン塗装
    トタン外壁の塗装は、新築から5~13年、一般的な塗り替えから10年~15年経過しますと、様々な劣化症状が現れます。
    「チョーキング」「変色・退色」「浮き錆」「カビ・コケの発生」「赤錆」「塗膜の剥がれ」「腐食」があります。
    これらの劣化症状が出始めたら、塗り替えの目安であると言えます。
    塗り替え時期を過ぎてもそのままにしてしまうと、外壁材自体にも影響が及んでしまいますので、なるべく上記の期間内で塗り替えする事をお勧めします。

私たちが担当しました!

お問い合わせ

来店予約