施工事例

伊勢市D様邸塀・車庫塗装工事

工事内容 塀・車庫塗装工事
リフォーム期間 5日
プラン・使用塗料 塗装工事セルフクリーニング長持ちプラン
お客様名 D様
市町村名 伊勢市

arrow

  • 写真

    高圧洗浄
    コケ・カビなどを綺麗に洗い流します。
    この作業を手抜きするとどれだけ良い塗料を塗ってもすぐ剥がれてしまいます。

  • 写真

    下塗り
    っかりと外壁を洗浄し、ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。

  • 写真

    中塗り
    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいま。
    完全に中塗りが乾ききってから、最後の上塗り工程になります。

  • 写真

    鉄管錆止め
    金属の腐食を防ぐ効果のある塗料を指します。金属の表面に皮膜を形成し、錆の原因である水や酵素を遮断・除去することで錆や腐食を防ぎます。

  • 写真

    車庫下塗り
    下地との接着効果を高める役割をします。
    まず下地調整(水洗い等での壁面の掃除、ひび割れ・欠損の修正)を行います。
    外壁塗装において非常に重要な工程になります。
    状況によって時間はかかりますが、下地の適切な処置が塗装を長持ちさせるポイントになります。

  • 写真

    車庫中塗り
    下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。
    仕上げの効果を高めます。
    一般的には、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。

  • 写真

    車庫上塗り
    中塗りと同じものを塗り、仕上げとして塗りムラや厚みをつけ、美観性と耐候性を高めます。
    下処理を十分に行ったうえで、上塗りを規定内の希釈率で2回塗りすることにより、
    はじめてその塗料の持つ耐久性が確保できます。

  • 写真

    シャッター塗装
    ケレンしてサビをおとしてから塗装そていきました。

  • 写真

    ダメ掃除
    塗り残しや補修箇所がないか
    最後の確認をしていきます。

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

この度は、塗装させていただきまして、ありがとうございました!

お問い合わせ

来店予約