• HOME >
  • ドローン診断

ドローンを使って
建物診断しませんか?

1

屋根を傷めない!

2

梯子掛け無しで安心安全!

3

時間節約

なぜドローンで建物診断を行うのか?

通常、屋根のような高い所を見るためには、梯子を掛けるか、「足場」や「高所作業車」で確認が必要になり、確認のためにも費用が発生してしまいます。

そこでドローンの導入を検討しました。

通常、どのお住まいも現地調査をさせていただいおりますが、ドローンを導入後は普段見れない屋根の全体像もお客様に簡単に確認していただけ、大変喜んでいただけるようになりました。

また梯子を掛けずに調査が出来るので、お客さまにもご迷惑をかけること無く、スピーディーに確認作業ができるので、新しい技術ですが、思い切って導入したおかげで、色んなメリットがわかってきました!

ドローンならではのメリットなどをご紹介させて頂きます!

大信建装の

ドローンを使用した建物診断のメリット

1

屋根を傷めない!

屋根に上がらずにお住まいの状況の把握ができる!

本来は屋根に上がり目視が一番の診断だと思います。

しかし、屋根に登って調査するということは少なからず、屋根に負担を掛けてしまいます。

また中には屋根に上がり、その際にわざと屋根を傷付けたりされないかと心配なお客さまもいらっしゃいます。

その点、当社で使用しているドローンを使えば、屋根に登ることもなく、空撮で写真撮影や動画での確認をしていただけます。

2

梯子を掛けないので安心安全!!

人の転落や物の落下の危険性を排除

通常、低所は地上から目視で、お住まいの調査を行います。ただし、高所の点検や調査の場合は高い所を安全に見るためには、どうしても「足場」を作るか「高所作業車」で確認をする必要があります。

そのためには足場の設置作業時間やコストもかかり、お客様のご負担が増えてしまっておりました。また墜落、転落災害の多くは高所作業において多く発生しているため、梯子を掛けての作業も安心はできません。

ドローンを使用すれば、安全に加えて時間やコストがカットできるので、とってもメリット大です。

3

時間の節約ができる!

動画や画像などで状況をリアルタイムで報告可能

ドローンの手元の操作画面を使えば、撮影中のその場で、お客様に操作画面を見せながら、お住まいの状況を動画や画像でお見せすることが可能です。

通常であれば、報告書としてまとめてご報告となりますが、ドローンであれば、そのままリアルタイムでご確認がいただけますので、スピードの面でもメリットがあります。

+

大きな建物も梯子を掛けずに診断が出来る!

ドローンを飛ばせば、梯子を掛けずに屋上の防水状況などの確認ができるので、一般の戸建てに限らず、工場、アパート、マンションなど大型の建物でもすぐに診断が可能! 屋上部分や高所の梯子を掛けないと見られない箇所も点検が出来でるので、管理者さまやオーナーさまにはとっても安心して、気軽にご相談をいただけます!

また、ドローンはむやみに飛ばせるものではなく、国土交通省の発行する無人航空機の飛行許可が必要になりますが、当社はその許可書もしっかり取得しており、安全に診断を進めることができます。

無人航空機の飛行に係る許可・承認書

ドローンがあるからといってむやみやたらと飛ばせるものではありません。

田舎でない住宅街ではほぼ必ず国土交通省の発行する無人航空機の飛行許可が必要になります。
仮に田舎でも本来必要になる空撮画像は約15m程の高さからの撮影が望ましいのですが実際は30mの距離を保たなくては飛行することは不可能なのです。
こういった条件をクリアするにはこの無人航空機の許可が必要になります。
飛行している際に近隣のご迷惑にもならないように配慮も忘れません。

その点、当社はドローンの操作訓練をしっかり受けて、資格証も受理しているので、ドローンの飛行操作を安全に行うことができます!

ドローン診断にご興味のある方はコチラまで!

お問い合わせ

来店予約