施工事例

伊勢市船江アステック塗装工事

工事内容 屋根・外壁塗装工事
リフォーム期間 9日間
プラン・使用塗料 セルフクリーニングプラン
お客様名 K様
市町村名 伊勢市船江

arrow

作業

  • 写真

    足場組み・シート張り
    K様邸は二階建てなので塗装がしやすいように足場を組んでいきました。
    高圧洗浄の水や塗料の飛散防止のためにもシートを張り、塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないよう組みました。

  • 写真

    高圧洗浄
    雨や湿気で付いたコケやカビ、チョーキングを綺麗にし、旧塗膜の浮きや密着が弱くなっている塗膜を剥がしました。

  • 写真

    コーキング
    風雨、太陽光などの自然負荷により経年劣化します。劣化が進むとひび割れ、剥離などが発生し、緩衝剤の役割を果たせなくなります。
    コーキング注入前に目地の両端にマスキングテープ(養生テープ)を貼り、目地から溢れ出たコーキングが外壁材に付着しないようにしました。

  • 写真

    屋根(下塗り)
    2層以上の塗装を塗り重ねる場合、最初に塗る工程で、特に下塗りでは下地と塗料の密着度を高め、下地を丈夫にするために塗ります。
    以降の中塗り・上塗りが成功するかどうか、長持ちする塗装となるかどうかを左右する大事な工程です。

  • 写真

    役物(一回目)
    塗装でコーティングすることにより、取り換えより安く物自体の長持ちに繋がり、取り換えしなくていいのでコストパフォーマンスが高いです。

  • 写真

    外壁(下塗り)
    下地と上塗り塗料を接着する役割があります。
    上塗り塗料だけだと、塗料がしっかりと密着しないため、間に下塗り塗料を塗ることで、はがれにくい塗膜に仕上げました。

  • 写真

    外壁(中塗り)
    上塗り材の補強や平滑な下地を作ることが目的で、一般的には上塗りと同じ塗料を使用します。また、中塗りをすることで塗膜に厚みを持たせることができるので、塗料の機能を長持ちさせる効果もあります。

  • 写真

    外壁(上塗り)
    基本は中塗りと同じ塗料を使って塗っていきます。上塗りは仕上げとして、美観性と強度を上げていく工程です。塗料には必ず、乾燥時間が決められていますので、しっかり乾燥させて、次の工程に進みます。乾燥がしっかりできてないと、せっかく塗装したのに、しっかりした塗膜ができずにすぐに剥がれたりする事があります。

  • 写真

    役物(二回目)
    もう一度同じ塗装で塗ることで、塗りむらもなくなり、より意匠性が高まります。

  • 写真

    タスペーサー
    屋根を塗装する時に屋根と屋根との間に隙間を作り、雨水の排出をします。
    強制的に隙間を開けておくために使うクサビ状の詰め物で、大事な理由は雨漏りを防ぐためです。

  • 写真

    屋根(中塗り)
    下塗り塗料の上に塗布することで下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高めるために行います。

  • 写真

    屋根(上塗り)
    仕上げ塗料を中塗りと上塗りの2回に分ける事で、雨や紫外線に強く耐久性の高い外壁や屋根に仕上げることが出来ます。

  • 写真

    ダメひろい
    工事の最終段階で塗り落とし、(塗り漏れ、塗り忘れ)の補修塗りを行います。

お問い合わせ

来店予約