施工事例

伊勢市勢田町 外壁塗装工事

工事内容 外壁塗装工事
リフォーム期間 23日間
プラン・使用塗料 セルフクリーニング長持ちプラン
お客様名 N様
市町村名 伊勢市勢田町

arrow

作業

  • 写真

    単管を使い足場を組んでいきました。
    植栽や敷地内の物などに注意をはらいながら、建物の屋根辺りまで組み立てていきました。
    洗浄をする際に水が飛び散らないよう、飛散防水シートも取り付け準備完了です。

  • 写真

    外壁の汚れを落とすために高圧洗浄機を使って洗浄していきました。塗装前の建物は汚れの膜が出来ているので付着した状態で塗装をしても塗料が剥がれてしまう原因につながりますので、しっかりと洗浄します。

  • 写真

    塗装を始める前に塗装しない箇所を保護していきました。
    玄関など開閉する場所は極力お客様の負担にならないよう配慮し、養生シートを分けて保護していきました。
    アルミでできた部分は塗装が出来ないので、予めマスキングテープや養生テープを貼って保護しました。

  • 写真

    窓周りや外壁の目地部分の修繕には、コーキング材(シーリング材)を使います。
    劣化が激しい場合は、既存のコーキング材を取り除いてから新しいコーキング材で打ち変えていきます。放っておくと隙間を埋めて水の侵入を防ぐという役目が果たされなくなるので
    無料見積りをさせていただく際に気をつけて見させていただいております。

  • 写真

    外壁を塗装するときは、3回塗りをするのが基本です。
    まずは下塗り材で塗装いたしました。
    壁などは、素材によって差はあるものの塗料を吸い込んだりする性質があります。
    吸い込みを抑え、塗料の接着性を上げるために下塗り材は必須です。

  • 写真

    中塗りの工程が塗装2回目にあたります。
    下塗り材の上に塗装することでより塗装面のおうとつを平らにし、上塗りした時にキレイに仕上がります。中塗り後は塗料をしっかり乾かしきらないと塗料の良し悪しに関係なく、塗料の強度が半減してしまいます。

  • 写真

    3回目の塗装、上塗り工程です。
    中塗りと上塗りは基本同じ塗料で塗装します。上塗り塗料が剥がれてきても中塗り工程を経ているので、剥がれが目立ちにくく色持ち効果につながります。

  • 写真

    役物(付帯物)の塗装は美観性を保つ事が主な目的ですが、塗装し新しい塗膜を作ることによって樋に使われている塩ビ管などの持ちも良くなります。
    役物は基本2回塗装させていただくので、この塗装後、もう一度役物の塗装を行いました。

  • 写真

    ベランダの床面の防水塗装を行いました。
    塗装が全て終り、最終チェックをして完工いたしました。

お問い合わせ

来店予約