施工事例

伊勢市 遮熱・断熱塗装工事

工事内容 外壁・基礎塗装工事
リフォーム期間 14日間
プラン・使用塗料 超遮熱断熱ガイナ塗装プラン
お客様名 H様
市町村名 伊佐氏

arrow

作業

  • 写真

    2階以上の建物は、塗装前に安全に塗装するために足場を組んでいきます。
    洗浄水や塗料の飛散を抑えるための飛散防水シートも取り付け準備完了です。

  • 写真

    紫外線に当たり続けている外壁は、塗膜が古くなり粉状になるチョーキング現象を起こしていました。
    長年の汚れと一緒に洗い落し、塗装しやすい状態にしていきました。

  • 写真

    窓周りのコーキング材が傷み、修繕が必要でしたので、新しく打ち直していきました。
    既存のコーキング材を取り除き、すき間にプライマーを塗りコーキング材を充填しました。

  • 写真

    玄関ドアや窓などアルミで作られている場所は塗装ができません。
    養生シートやマスキングテープを使い、塗装しない箇所を保護していきました。

  • 写真

    外壁の下塗りです。
    今回使用する塗料に最適な下塗り材で外壁をまんべんなく塗布していきました。
    外壁と塗料の密着性が高まり塗料の剥がれを起きにくくする役目があるので、下塗り工程は必要不可欠です。

  • 写真

    下塗りを終えたので中塗りの工程に入りました。
    中塗りと上塗りは基本同じ塗料を使います。このあともう一度塗料を塗るのですが、半乾きの状態で塗装しても塗料本来の強度が半減してしまうのでしっかり乾かしました。

  • 写真

    付帯物の塗装(一回目)を行いました。
    軒天や樋、雨戸など屋根と外壁以外の塗装箇所をまとめて【付帯物(役物)】と呼んでいます。一度塗りだと少し塗りムラが見られます。

  • 写真

    付帯物塗装(二回目)です。
    二度塗りすることで塗りムラもなくなり、塗膜の強度も上がりより長持ちします。

  • 写真

    中塗りした塗料を乾かし、もう一度同じ塗料で上塗りをしていきました。
    外壁には遮熱・断熱効果の高いガイナ塗料を使用しました。

  • 写真

    塀はフッ素塗料で塗装していきました。
    雨だれなどの汚れもなくなり、キレイな塀がよみがえりました。

  • 写真

    基礎は、ひび割れがありましたので、しっかりと補修し基礎専用の塗料で塗装していきました。

  • 写真

    塗装作業を終え、最終確認・掃除をし完工いたしました。

お問い合わせ

来店予約