施工事例

多気郡T様 外壁・屋根塗装工事

工事内容 外壁・屋根塗装工事
リフォーム期間 13日間
プラン・使用塗料 ハイブリッドシリコン
お客様名 T様
市町村名 多気郡

arrow

足場

  • 写真

    塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、また植木なども傷めないように組みます。また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでこないように、飛散防水シートも張ります。
    シートを張り、2階建てなので塗装がしやすいように足場を組んでいきました。

高圧洗浄

  • 写真

    外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。しっかり洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。
    コケやカビ、チョーキングを綺麗にし、旧塗膜の浮きや密着が弱くなっている塗膜をはがします。

養生

  • 写真

    塗料の塗らない場所を保護します。
    アルミサッシや窓、床など塗らない部分にビニールやテープ、マスカーなどで保護しました。

コーキング

  • 写真

    劣化したまま放っておくと、雨水が浸入し、建物自体の劣化が進みます。
    コーキング打ち替えには、外壁から水や汚れが浸入しないようにする役割と、地震などの揺れで外壁にヒビが入らないように、衝撃を吸収してくれる役割があります。
    コーキングは紫外線にあたると劣化が早まりますから、10年を打ち替えの目安にします。
    気密性や防水性向上を目的として、隙間を目地材などで充填します。

屋根下塗り

  • 写真

    下塗りは上塗りする時の塗料がしっかりと密着するために行います。基本的には1回行います。

屋根中塗り・上塗り

  • 写真

    下塗り塗料の色を消し、上塗り塗料との密着性を高めるために中塗りを行います。
    最後に上塗りすることで色がしっかりと壁面に塗ることができます。

タスペーサー

  • 写真

    屋根と屋根の間に隙間を作る作業です。隙間を作ると雨漏りしそうと思うかもしれませんが、その逆で屋根と屋根の間に隙間がないと雨水の排出先がなくなるので危険です。細かな作業ですが、重要な工程の1つです。

外壁下塗り

  • 写真

    ヒビ割れや亀裂の補修を完全にした後に、シーラーという下地処理剤を塗ります。このシーラーは、下地と塗料の接着剤みたいなものです。下地処理のシーラーは1回塗りでOKです。
    下地との接着効果を高める役割もあります。

外壁中塗り

  • 写真

    シーラーが完全に乾ききったら、次に中塗り工程になります。中塗りも上塗りも同じ塗料を塗ります。中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいます。完全に中塗りが乾ききってから、最後の上塗り工程になります。
    下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで、平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。
    仕上げの効果を高めます。

外壁上塗り

  • 写真

    中塗りと同じものを塗り、仕上げとして塗りムラや厚みをつけ、美観性と耐候性を高めます。
    下処理を十分に行ったうえで、上塗りを規定内の希釈率で2回塗りすることにより、はじめてその塗料の持つ耐久性が確保できます。

役物一回目

  • 写真

    樋の塗装です。他にも破風や鼻隠し、水切りといった付帯部全般も塗装していきます。樋に使われている塩ビ管は紫外線などに当たって劣化がひどくなると割れてしまったりするので、塗装をすることで劣化につながる刺激から守ります。

役物二回目

  • 写真

    樋と役物は外壁塗装の耐久年数と同等の塗料で塗装させて頂きます。
    塗装でコーティングすることにより、物自体の長持ちに繋がり取換しなくていいのでコストパフォーマンスが高いです。
    もう一度同じ塗料で塗ることで、塗りむらもなくなり、より意匠性が高まります。

掃除・ダメ直し・確認

  • 写真

    局部的な補修塗りをしました。工事の最終段階で、足場があって塗れない部分や、サッシの養生があって塗れなかった部分を、最後に塗る事です。

お問い合わせ

来店予約