施工事例

松阪市S様邸 外壁塗装工事

工事内容 外壁塗装工事+瓦ラバー工事・漆喰工事
リフォーム期間 31日間
プラン・使用塗料 セルフクリーニング長持ちプラン
アステック リファイン1000MF-IR
お客様名 S様
市町村名 松阪市

arrow

足場

  • 写真

    二階以上の建物であれば安全面からも足場を組みます。
    塗装がしやすいように、またお客様の安全や歩行の邪魔にならないように、また植木なども傷めないように組みます。
    また、高圧洗浄の水や塗料が周りに飛んでいかないように、飛散防水シートも張ります。

高圧洗浄

  • 写真

    何年も、風雨にさらされていた外壁は非常に汚れています。
    この作業によって、外壁に付着した埃やコケ、カビなどを綺麗に洗い流します。
    しっかりと洗浄しないと、密着度が弱まり、どれだけ良い塗料を塗っても、すぐに浮いたり、剥がれてしまいます。

シーリング

  • 写真

    外壁や窓回りなどの接ぎ目を、ウレタン、シリコンなどの柔軟で防水性の高い材料で埋めること。
    シーリング改修工事において既存のシーリングを撤去せず、その上からシーリング材を打ち足すこと。

外壁塗装

  • 写真

    下塗り
    塗りとは、後に塗る中塗りと上塗りの塗装工程のベースとなる工程です。
    下塗りに使用する塗料にはシーラーやフィラーといった種類があり、中塗りや上塗りとは役目も中身も全く違う塗料を使用します。
    下塗りを塗ることで外壁素材との付着力を高めて、高い耐性の塗膜とすることができます。

  • 写真

    中塗り
    シーラーが完全に乾き切ったら、次の中塗り工程になります。
    中塗りも同じ塗料を塗ります。
    中塗りのポイントは、完全に乾ききらすことです。中塗りが半乾きの状態で、上塗りをかけても、その強度は半減してしまいま。
    完全に中塗りが乾ききってから、最後の上塗り工程になります。

  • 写真

    上塗り
    下塗り、中塗りの後に塗る、「仕上げ塗り工程」の事です。
    この上塗りの良否が、仕上がり後の美観性と耐久性に大きく関わってきます。

軒天

  • 写真

    軒天部分を塗料しました。

雨戸

  • 写真

    戸袋も塗装させて頂きました。

  • 写真

    雨戸はアルミで出来ていると思われている方が
    多いですが、枠はアルミで中の波板の部分は通常トタンで出来ております。10年前後経つと白錆びが出てきておりますので塗装する事で長持ちします。

屋根修繕工事

  • 写真

    瓦の整地をさせて頂きました。

ベランダ防水塗装工事

  • 写真

    ベランダの防水塗装をさせて頂きました。

  • 写真

    完工しました。

清掃ダメ直し

  • 写真

    全ての作業を終え、塗り残し・付着塗料がないか建物全体をチャックして工事完了です。

お客様の声

満足でした!!!

私たちが担当しました!

営業スタッフからのコメント

S様邸はリファイン1000MFで塗装させていただきました。
この塗料は無機成分を配合したことにより従来のフッ素塗料を凌ぐ「超耐候性」と美観性を保持し続ける「美観保持機能」を併せ持ちます!
S様邸では1階と2階で色分けを行いました!
幕板があることで、各階の色を仕切ることができたので、僕からS様にご提案させていただきました。
結果的にS様に大変喜んでいただくことができ、僕も嬉しかったです!
また外壁塗装以外にも、ベランダ防水塗装、屋根漆喰補修工事も行わせていただきました。
台風の心配をされていたので、ご安心いただけるようにしっかりと施工させていただきました。
S様この度は誠にありがとうございました。
今後も末永くお付き合いの程、宜しくお願い致します。

お問い合わせ

来店予約